全国市長会の海外視察の報告書が判明!フジテレビでフィンランド・スイスでの様子が!

全国市長会の海外視察の報告書が判明!フィンランド・スイスで何をしてきた?

 

2月1日に放送されるフジテレビ「金曜プレミアム・実録!金の事件簿」で今回も政治家の海外視察度に勝手について行く企画が放送されます。

 

今回は全国市長会のフィンランドとスイスの海外視察とのことで、番組に先駆けてその報告書が取り上げられています。今回はその報告書の内容を見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

全国市長会の海外視察の報告書が判明!

以下がメディアでも取り上げられた報告書の内容です。ちなみに海外視察に参加した各メンバーに関してはこちらにまとめているのでご一緒にどうぞ。

全国市長会の海外視察のメンバーの名前は?金の事件簿で暴露!

 

◇岡山県・真庭市長の報告書の一部

<10月21日16時過ぎにフィンランド着>

成田空港を出発して約9時間、機内であまり睡眠ができないままヘルシンキ空港に到着した。確かに、ヨーロッパの玄関として日本から一番近い空港である。かなりの賑わいであるが、豪華さはなく地味な感じである。

<10月22日10時30分~12時過ぎ ヘルシンキ市内高齢者施設「キナポリ広域サービスセンター」>

◆ヘルシンキ副市長サンナ ペシカンサさん(女性 福祉担当)から

ヘルシンキ市の概要(人口653千人、出生率が2を超えていたが、近年2以下になり、高齢化も始まっているなど)と福祉の歴史、特に「ネルボラ(保健センター)の説明を受けた。」ロシアからの独立後、内乱状態を乗り越えて、まとまることの重要性を学び、特に近代民主主義社会で最も早く、1906年に男性・女性ともに参政権を得て、繋がったことがよく理解できた。

<10月23日8時20分~15時過ぎ。ヴィヒティ市のクオッパヌメン一貫教育センター>

◆緯度が高いこともあって、まだ暗いうちにホテルを出発し、ヘルシンキ市郊外のヴィヒティ市クオッパヌメン一貫教育センターに向かった。このセンターは日本でいうところの園、小学校、中学校一貫の教育施設で、750人の子供が在籍している施設であった。新しく、綺麗で、なんとなく開放的な印象を受けた。

 

こう眺めてみると、、、まず、学んだことはしっかり書かれていると思います。どこで何を学んだか細かいところまでしっかりと書かれている印象です。

 

ただここまで詳細に書けるほどメモとか取っていたのかな??という謎もありますが、、

 

しかしやっぱり個人的に気になったことが二つあります。一つ目が「それ本当に必要?」ということ。取り上げられた報告書を見る限り、正直海外に行ってまで書く必要がないことがまじっているということ。

 

確かにメディアが取り上げた報告書はほんの一部なので、いわゆる「そこだけ切とってみたら」という話になるのかもしれません。

 

でもですよ、報告書というは確実に「仕事」なんです。そこにはお金が関わってくるんです。しかも税金です。2000文字書くなら2000文字必要なことを書き、なるべく無駄な文字数はいれないのがマナーでしょう。

 

それなのに「機内で眠れなかった」なんて個人的感想みたいなのとか、「ヨーロッパで日本から一番近い」とかネットで検索したらすぐわかるようなことを書くのはなんか個人的に腑に落ちないです。

 

ミヤ
「ヘルシンキ市の概要」とか別にwikiとかで調べればよくないですか?数百万も使って調べることではないと思います。

 

そして個人的に気になったもう一つのことは報告書が単なる「事実の羅列」になっていること。

 

「何々だった」、「何々があった」って言われても、、、、、学んだことから何が生まれたのか、どう生かしていくのかまで書かないと、、、読んだ方も「へ~それで」って印象を受けました。

 

スポンサーリンク


正直一般企業でこんな報告書書いたら入社一年目でもガチで怒られる奴ですよね、、、

 

また報告書には以下のような内容のものもあったそうです。

 

◆早朝に宿舎を出発し、7時間近い同一場所での視察は充実していたものの、終了後かなり疲労感を覚えた。連泊のホテルは、都心部から少し離れた高級ホテルではなかった(4つ星??)ので、そのホテルからすべてを語ることはできないが、歯ブラシ、櫛などのアメニティグッズが全くない。シャンプーも一種類、部屋の使用もシンプルだった。トイレも簡素なもので、もちろんウォシュレットはない。

 

なぜ、、、ホテルのことが、、、わざわざホテルの愚痴を普通報告書に書きます?そして星4つは高級ホテルです。

 

どうも「私たちは贅沢はしていません」という無駄な自己申告に見えるのは僕だけでしょうか。

 

以前香川県や北九州市の海外視察で手痛い目にあったという話があります。海外視察後、番組になるのは明らかだったので少しでも傷を減らすために、、、なんて意図を感じますよね。

 

まとめ

というわけでフジテレビの番組で放送された「全国市長会の海外視察」の報告書の一部の内容を追ってみました。個人的には海外視察って必要ないと思うので、もし必要というならそのベネフィットをしっかりと示してほしいですよね。

 

その最たるものが報告者なわけです。何を学んだかを示し、じゃあそこからどんな施策を売っていくのか、、できればそこまで書いてほしいですよね。

 

スポンサーリンク