小室圭がおじさんと呼んでいた男性は誰?名前は?母親の元カレでダンディ?

5月11日の文春の記事で「父親の死と“おじさん”の登場が彼を変えた」という記事が出ていました。

どうやら小室圭さんの父が亡くなってすぐ、小室圭さんがおじさんと呼ぶ男性が登場し、彼に変化を与えたのでは?という話です。

この記事では母親である小室佳代さんの元パートナーで、小室圭がおじさんと呼んでいた男性は誰なのか書いていきます。

 

小室圭がおじさんと呼んでいた男性について

まず今回の文春によるとこの「おじさん」は以下のような人物。

小室圭がおじさんと呼んでいた男性
・父親が亡くなった直後現れた

・髭を生やしてダンディな印象

小室圭さんの母親の恋愛遍歴と時期を照らし合わせると「おじさん」が誰なのか特定できそうです。

小室圭がおじさんと呼んでいた男性は誰?名前は?

小室圭さんの父親敏勝さんが亡くなったのが2002年の頃。そして2007年にはトラブルが話題になった「元婚約者」と出会っていたようです。

実は小室圭さんの父親が亡くなった後からこの2007年ごろまで交際していた人物がいたみたいですね。(情報出典:https://www.jprime.jp/articles/-/11512?page=2)

名前・顔画像までは公開されていませんが、かなり色濃い情報が残されていました。

この人物はAさんと過去に紹介され、2002年から2007年まで交際。

男性の職業は彫金師。

彫金師:主に金属を掘ってアクセサリーを作ったり、家や仏壇を作る際の部品などを制作する仕事みたいです。

このAさんは現在70代(当時50代くらいだったと思われる。)で、当時小室佳代さんと同じく嫁がお亡くなりになっていたそうです。

しかも家が近所だったということもあり、少しずつ親しくなり、当時まだ幼かった小室圭さんの父親が必要ということもあり交際が始まります。

なゆ
実際周辺で2人で歩くところなどが目撃され、再婚するのでは?と言われいたんだとか。

しかし結局彫金師も自営業。ある時期仕事がうまくいかず収入が激減したそうで、この男性父親代わりとなるどころか、小室家に養ってもらうという状況に。

さらにはこのAさんは前立腺関係の病気を患ってしまい、入院。

それでも小室佳代さんは金銭面など援助していたそうですが、だんだん小室圭さんがそんなAさんをよく思わなくなったんだとか。

結局息子の主張もあり破局。条件を見るとこの人物と一致しそうですね。

さらにはこんな記事もありました。

「佳代さんは生活費がないというわりに、一時、宝飾関係の男を自宅に住まわせていたことがあったようです。私も会ったことはありますが、70代で一見、強面ふうの男性。ただ圭くんは彼を毛嫌いし、“出てってくれ!”と激怒していたそうです」

出典:『週刊大衆』(2019.2.28号)

条件・特徴を見るとこちらも今回の小室圭さんが「おじさん」と呼ぶ人物と一致しそうです。

少なくとも母親が交際していた彫金師とは同一人物ですね。

「強面ふうの男性=ダンディ」と考えても不自然ではありません。

スポンサーリンク

小室圭をおじさんが変えてしまった?

文春の記事、今回の調査結果を見てみると、恐らく

小室圭の父親が亡くなる

小室圭の母親が新しい彼氏を連れてくる

はじめは仲良くしていたが、「おじさん」の収入面など父親として認められない部分が出てくる

おじさんが嫌いになる

気に入らない人物が家におりストレスを感じてしまう

という流れでしょうね。

結局遠回しに家庭環境が原因で今の小室圭になってしまったって言いたいのでしょう。

なぜ彫金師を養えたのか?

これはこの「彫金師」という男性が初めて話に出て来た時から議論されていたことですが、母親がこの「彫金師」の次の婚約者と交際を始めた時にまだ援助は続いていたという話があります。

つまりなんで元婚約者にお金を借りたのか?という疑問が出てきますよね。

お金がないのならこのAさんとの関係を切ればよかったはず。ある意味母親にとってはこのAさんが本命だったのかもしれませんね。

まとめ

この記事では、小室佳代さんの元交際相手で小室圭さんが「おじさん」と呼んでいた男性は誰なのか見ていきました。

結果過去に噂になった彫金師Aさんが該当するのではないかという予想です。

スポンサーリンク