大物ミュージシャン nは誰?ナックルズが指摘の芸能人の名前は?

次は、、、大物ミュージシャンNが危ない??

この前GTOに出演していた女優Xに疑惑があると記事にして話題を呼んだ覚醒ナックルズさん。

今度は日本を代表する大物ミュージシャン兼俳優のNに疑惑があるとのことです。

なゆ
今回ナックルズでの指摘となりましたが、、実は4月2日に発売された週刊朝日芸能を買った人はお気づきだと思いますが、、恐らく同一人物が指摘されたことがありましたね。
ミヤ
この記事ではナックルズが疑惑を取り挙げた大物ミュージシャンnは誰なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

大物ミュージシャンNのヒント

出典:覚醒ナックルズ

ミヤ
服装、皮ジャン感強めだね。

大物ミュージシャンNは次の特徴を持つ人物とのことです。

大物ミュージシャンNの特徴
・かねてから根強い疑惑がある

・日本を代表する大物アーティスト

・熱狂的なファンも多い

・俳優業もこなす

・過去に多くのスキャンダル

・アスリートとの関係が深い

・ある週刊誌が疑惑に関して実名報道している。

今回はかなりヒントが多いですよね。この特徴を見てみるととある人物がやはり思いついてしまいますね。

大物ミュージシャンNは誰?この芸能人の名前は?

やはり「長〇剛」さんが思い浮かんでしまいますよね。

まずここ数年の間に週刊誌が疑惑をイニシャルではなく実名で報じたのは以下の人物のみとのこと。

ASKAさん、清原和博さん、嵐の大〇智さん、前〇亘輝さん、成〇寛貴さん、そして長〇剛さん

情報出典:http://imashun-navi.com/article/tsugi-taiho-20.html

この中でそもそもミュージシャンなのは長〇剛さん前〇亘輝さんのみです。

さらに俳優業もしているのは長〇剛さん。

長〇剛さんは熱狂的なファンがいるのは有名ですね。さらには元アスリート清原さんとも仲が良いことが有名。もちろん日本を代表するアーティストで、なおかつ過去に女優さんとスキャンダルがスクープされたこともありますね。

ミヤ
ただ今回覚醒ナックルズが指摘した人物が長〇剛さんの可能性があるというだけで、彼に本当に疑惑があるかは別の話です。単なるよくあるゴシップに巻き込まれただけの可能性も。。

大物ミュージシャンNは週刊朝日芸能でも指摘されていた?

実は4月2日に朝日芸能ではこんな内容で疑惑のある人物を指摘していました。

・音楽業界で現在内偵が進んでいるのがミュージシャンN

・ミュージシャンNは紅白出場の経験を持つ

・ミュージシャンNは過去に同じような疑惑で逮捕されている。

・近年にはNに近い人物も逮捕されている

見ての通り今回の大物ミュージシャンNと特徴が一致する点が多いですよね。

先ほど名前を予想した人物も確かに紅白に出ています。

さらには「Nに近い人物」が清原さんの可能性もありますし、この人物も1995年1月24日に逮捕されています。(ただし起訴猶予処分)

こう見てみるとかなり条件が合致する面もありますが、、どうなのでしょうか、、

また過去には「逮捕歴のある男性歌手N」に疑惑がかかったこともあります。こちらも特徴が一致する点も多いですね。

逮捕歴のある男性歌手Nと平成の歌姫Hは誰?名前がイニシャルでバレバレ?

スポンサーリンク

大物アーティストNの過去の週刊誌のスクープについて

2016年2月、週刊新潮さんの記事で「清原さんが長〇剛さんの名前を実名で指摘した」というものがあった様子。

こんな内容の記事もありました。

清原容疑者は4人の”〇〇仲間”をあげたというが、そのうちの1人が長渕。(中略)しかし、清原容疑者に〇〇疑惑が持ち上がって長渕に相談したところ、「もう俺とかかわらないでくれ」とつれない言葉が。そのため、清原容疑者は「〇〇、絶対に許せねえ」と口にするようになったというのだ。

※一部伏せています。

ただしこの際、長〇剛さん側は「事実無根」と反論。訴訟を起こしそうでしたが、結局裁判などは行われませんでした。

なゆ
この時「事実無根」と言っているわけだから、疑惑はただの疑惑かも。

ネットではその他ミュージシャン・アーティストNに関してタレント、司会などマルチに活躍するNなのでは?という予想もでましたが、、その場合アーティストとは言わなさそうです、、

司会もこなすマルチタレントN,元カノの歌手K,後輩のミュージシャンSは誰?

まとめ

この記事ではナックルズが指摘して大物ミュージシャンNは誰なのか?ということで具体的な名前を検証していきました。

なゆ
ちなみに今回の日本を代表する大物アーティストのNに関する記事は、3月の月末に販売されたナックルズの雑誌バージョン「実話ナックルズ」にも同じ内容があるみたい。
ミヤ
となれば、よほどこのNは「疑惑の本命」というところでしょうか。

スポンサーリンク